Skyscanner

コンバージョンを向上させる検索広告の最適化

Engagement


Problem

スカイスキャナーは日本向けのメディアおよびデジタルコンテンツを英国から発信していましたが、有意義なエンゲージメントを構築には現地の文化に関する専門知識が必要なことを理解していました。また、ローカルでの最適化が行われておらず、日本において重要な休暇や旅行のトレンドがプラットフォームに反映されていませんでした。

グローバル戦略に基づき、数百のキーワードとコンテンツからなるサーチエンジンマーケティング(SEM)が運用されていましたが、詳細なローカライゼーションや最適化はそれまで行われておらず、SEMを根本から再構築するためには新しいフレームワークを創る必要がありました。

Skyscanner
Skyscanner

Approach

私たちは、日本市場向けに特別にデザインされた新しいサーチ戦略を開発するため、スカイスキャナーのチームと協働しました。

弊社のメディアチームは、自動化のロジックを再構築し、スカイスキャナーのグローバルビッディングツールを活用しているさまざまな日本のメディアプラットフォームにおいて最適なアロケーションを算出しました。そして、不必要なキーワードやコピーを削除し、効率的なSEM基盤を構築し、各チャネルの機能性をフル活用するために、ETA (Expanded Ad Text)、RLSA (Remarketing List for Search Ad)、DSA (Dynamic Search Ad)を追加しました。


Impact

10万以上のキーワードを使ってスカイスキャナーのSEMを実施し、検索表示回数を毎月30万超まで向上させました。サイトへのクリック数は15,000/月に増え、コンテンツのA/Bテストを継続的に実施することでレスポンスを最適化しました。

最終的に、2年間で売上は691%、日本における航空券購入は390%、コンバージョン単価は42%の向上を達成しました。

Skyscanner

Related case studies

Go もっと見る
Dropbox

Engagement

Dropbox | パーソナライズよって顧客層を育てる

Paidy

Engagement

Paidy | 決済フィンテックPaidyのカスタマーグロースを実現

Salesforce

Engagement

Salesforce | 長期成長戦略に通じ、セールスフォースの利用を拡大